彼氏の作り方

彼氏の作り方を一緒に考えてみましょう

彼氏の作り方

はじめまして!
このページをご覧いただいているということは、あなたは「彼氏が欲しいけどできなくて…」と悩んでいる可能性が高いんだと思います。

 

私も、26歳まで彼氏が一度もできなかった「彼氏いない歴 = 自分の年齢」という情けない女子でした。

 

学生時代や働き出してすぐの頃には、好きな人がいましたが、残念ながら成就することはなく…26歳まで過ごしてしまったんです。

 

彼氏ができない女

悲しいことに、当時は男友達すらほとんどいませんでした。

 

働き出してからも実家暮らしでしたので、近所の幼馴染みたいな男友達がせいぜい一人いたくらいです。

 

ですが、25歳を過ぎて転機が訪れます。

 

自分の母親や3歳年下の妹から、さらには幼馴染の男友達から「25歳にもなって彼氏の一人もいないなんて、どうなってんの?!」と、頻繁に言われるようになり、私も一念発起。

 

自分でも彼氏が欲しいと思っていましたので、彼氏ができる方法を自分なりに色々と研究し、さらにそれを実践!

 

そして、26歳の誕生日が過ぎたころに、私が好意を寄せていた男性から見事告白されたのです。今は、その男性と結婚を前提にお付き合いをしています♪

 

男性から告白された社会人

 

こんな私でも、彼氏ができた!
この喜びは、私自身に大きなプラスとなって働き、自分に自信が持てるようになりました。

 

「彼氏が欲しいけどできない…」
「彼氏の作り方がわからない…」
世の中の女性が、こんな悩みとは一日も早くオサラバしてほしい!そう思ってこのサイトを立ち上げました。

 

では、早速、彼氏が欲しいあなたと一緒に彼氏の作り方について見ていきましょう。

 

 

なぜか彼氏が途切れない女性の特徴とは?

 

まず最初に、彼氏が途切れない女性の特徴について見ていきましょう。

 

あなたの周りにもいませんか?
「決して美人とは言えないけれど、なぜかいつも彼氏がいる」
「"彼氏とうまくいってない" なんて言いつつ、次に会った時は新しい彼氏を連れてきた」 ...etc.

 

私は、彼女たちの特徴をうまく自分にも取り入れることができれば、彼氏が途切れない女性に近づけるのでは?と考えました。

 

特徴1) 恋愛に対して前向きでオープン

彼氏が途切れない女性というのは、自分の恋愛事情をあまり隠しません。というより、むしろ話したがる傾向にあります。
特に、恋愛に関する悩み・不安、好きな人のことについて、男女問わず周りにオープンに話します。

 

特徴2) 自分の気持ちを表現する

彼氏が途切れない女性は、自分の感情をあまり隠しません。
泣きたい時に泣き、笑いたいときに笑う…さらに、自分の弱さも隠しません。とにかく、自分の感情に素直に行動していると思います。
そんな彼女たちは、男性から見ると時に不器用に見えるのかもしれませんね。それゆえ、男性が守ってあげたいと手を差し伸べるのでしょう。

 

特徴3) 積極的に遊びに行く

彼氏が途切れない女性は、たいていポジティブな女性が多く、遊びにも積極的です。
友達に誘われれば喜んで遊びに参加するでしょうし、時には自分が主催することもあるようです。
逆に、彼氏ができたり・できなかったりの女性は、たいてい同じ場所・同じメンバーで遊んでいる傾向にあります。また、彼氏ができると、男女問わず友人との交遊関係を一切絶ってしまう女性すらいます。

 

いかがでしょうか?
特徴1〜3があなたとは真逆すぎて「これじゃ私、一生彼氏できないよ〜!」とショックを受けている方もいるかもしれませんね。

 

でも、大丈夫!
次の項では、彼氏ができるために必要なことについて一緒に見ていきましょう。

 

 

彼氏ができるために必要なこと

その1) 清潔感を保つこと

「女の子は清潔な生き物である」…これは、男性の幻想にしか過ぎないのですが、なぜか世の中の男性はこう思っています。
ですから、女の子のポケットからお菓子のごみが出てきたり、ふと開けたバッグの中がぐちゃぐちゃだったり etc.
男性のショックときたら、私たち女性の想像をはるかに超えるものなんです。

 

・自分の部屋はいつも散らかりっぱなし
・ハンカチは持ってなくて、手を洗った後は、いつも服や髪になでつけて乾かしちゃう
・お財布がレシートでパンパン!
・ムダ毛の処理なんて、彼氏いない私には関係ないでしょ〜
・「クソ」「てめぇ」「やべー」など、使わない日はない

 

あなたはいかがですか?
言葉づかいも要注意!男性は女性の言葉づかいに敏感ですからね。言葉づかいの悪い女性は、清潔感どころか、品格まで下がってしまう恐れがあります。
該当する項目があったら、それは明日からでも、いえ今日からでも直していきましょう!
「清潔さを保つこと」、それは男女問わず生活の根底にあるものです。

 

 

その2) 女性としての自信を持つ

「私かわいくないし、良いとこなんて1つもないし…彼氏なんてできないよ」
などと、最初から恋愛をあきらめていませんか?
スカートは履かず、選ぶ服はいつもモノトーン系、華やかな女性グループを見ると目をそらしてしまう…あなたにあてはまりませんか?
今から、少しずつでもかまいません。女性としての自信をつけていきましょう。
ネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考える。物は見方次第でなんとでもとらえ方を変えることができるのです。

太っていることがコンプレックス → クマさんみたいでキュート!

人の欠点ばかりに目がいく → 隅々までよく目が届く

といった具合に、どんどんと自分のことを好きになってください。
自分のことを好きじゃない人が、どうやって他人から(しかも、全く別の生き物の男性から!)好意を持たれるでしょうか?
まずは自分を好きになる。
そうすると、自分をもっとかわいく、磨いていきたくなってきます。
自分を磨くこと自体が楽しくなってきたらしめたもの。良いスパイラルに入っています。
身近な、そして自分にできることからどんどん変えていってみてくださいね。

 

 

その3) 男性との出会いの場をもつ

平日は、会社と自宅の往復ばかり。職場は女性とオジサンばかり。休日は家でゴロゴロしたり、ゲームをしたり。出会う男性と言えば、立ち寄るコンビニの男性店員さんくらい。
…こんな生活ではいけません!
この生活を続けていれば、恋愛関係に発展する男性との出会いは限りなくゼロだと断言していいでしょう。

 

あなたはどんな男性が好きですか?
スポーツマンタイプ?犬好き?アニメ好き?

筋トレ

ここで重要なポイントは、自分のタイプの男性がいそうな場所に出向くことです。
例えば、スポーツマンタイプが好きならスポーツバーやジムなどはいかがでしょう。バーならお酒も入って好きなチームを一緒に応援できたり、ジムならトレーニングマシンの使い方を尋ねてみてもいいですね。

 

信頼できる男友達を紹介してくれそうな女友達がいれば個人的に紹介してもらったり、合コンをセッティングしてもらうのもいいですね。

 

とにかく、男性と出会わなければ彼氏ができる可能性はいつまでもゼロのままです。
ですが、男性と出会う機会がほんの少しでもあるのなら、可能性はゼロではないのです。

 

 

その4) 婚活サイトを利用する

 

婚活サイト

彼氏が欲しいと思っているあなたに、婚活サイトは時期尚早な気もします。
ですが、年齢が上がれば上がるほど、お付き合いしていくうちにその先にある「結婚」が気になってくるのも当然と言えるでしょう。

 

いざ結婚となると、お付き合いするだけのような気軽なものではありません。
彼氏の職業、年収、出身地、家族構成、貯金総額など、気になりだしたら止まりません!

 

そんな時、婚活サイトは便利なんです。
年収や貯金総額など、直接は聞きづらいことも初めからわかった状態でお相手を検索できる点は非常に便利だと思います。
世の中、結婚した後に「こんなはずじゃなかった…」と思うケース、たくさんあるみたいです。(早々とできちゃった結婚した私の友人が言ってました!)

 

お付き合いの先に結婚を見据えて、自分が希望する条件を満たした男性との恋愛を希望する場合は、婚活サイトの活用もいいと思いますよ。ちなみに、私の従姉はブライダルネットで結婚相手を見つけたらしいです!

 

大手の婚活サイト(自分で相手を検索するタイプ)

ブライダルネット 東証二部上場企業が運営(月会費3,000円)

 

大手の結婚相談所(仲介者(アドバイザー)が相手を紹介してくれるタイプ)

楽天オーネット

楽天グループ企業が運営
(入会金 30,000円、月会費 13,900円)

 

 

その5) 出会い応援サイトを利用する

出会い応援サイト

「婚活サイトはさすがにハードルが高い」「まだ結婚はしたくない」
そんなあなたには、出会い応援サイトをおすすめします。

 

ネットでの出会いと聞くと、良くないイメージをお持ちかもしれませんね。
でも、出会い応援サイトの中には、真面目に恋愛したい男女を応援するサービスがあるんです。男性は有料ですが、女性は無料ですので、気軽にトライすることができると思います。

 

 

出会い応援サイトの利用体験談

 

恋愛

実は私、出会い応援サイトを利用して彼氏ができたんです!

 

私の職場は女性とオジサンばかり。恋愛対象になるような男性社員は一人もいませんでした。

 

私の母親は22歳で結婚していたので、25歳にもなって彼氏の一人もできない娘が心配でたまらなかったのでしょう。

 

「あんた、結婚できるの?」とまで言われた日には親子ゲンカ勃発です。売り言葉に買い言葉、「彼氏ぐらいすぐ作ってやるわよ!」と言い放ち、駆け込んだ自分の部屋では後悔の嵐。

 

自分も彼氏は欲しいし、母親にブツブツ言われるのももううんざりだし…色々な気持ちがないまぜになって、勢いで某 出会い応援サイトに登録をしてみたんです。

 

出会い応援サイトを使ってみて

出会いの条件

会員登録と年齢確認の手順を踏んで、プロフィールを入力したら、その直後にメールが何通か届いていたのでビックリしました。

 

中にはプロフィール写真を入れている人もいるのですが、私は恥ずかしかったので写真はナシ。なので、私のプロフィールの内容を見て、メールをくださったんだと思います。

 

お一人ずつ返事を出していくわけですが(もちろん、女性はメールのやり取りだって無料です!)、メールとはいえ、やっぱり人間の性格って出ちゃうんですよね。

 

やり取りを繰り返すうちに「あ、なんかこの人違うかも…」とか「誠実そうな文面が好感持てる!」とか思えるようになってきました。
本当は、メールの文面がすべてではないと思うのですが、でも、メールの文面もその人の一面。何か違和感を感じたら、やり取りをやめるようにしていました。

 

 

メールのやり取りの結果…

2週間くらいメールのやり取りを繰り返していたところ、私の中では誠実そうなAさんが一番気になる存在になっていました。

 

割と近くに住んでいることがわかっていたので、「本人に会ってみたいなぁ」とは思っていたのですが、私からなかなか言い出せずにいました。きっとAさんもその当時は同じような気持ちだったと思います。メールの文面からそんな雰囲気が伝わってきていました。
メール

 

そして、メールのやり取りを始めて3週間目に突入した頃、Aさんから「どこかでお茶でも飲みませんか?」とお誘いのメールが!! 嬉しい気持ちと、サイトで知り合った人と会うというちょっと不安な気持ちで、「喜んで!」と、返信しました。

 

 

記念すべき初デート

カフェで初デート

元々は見ず知らずの男性と会うわけですから、いくらメールのやり取りで好意を抱いていたとはいえ、私は相当緊張していました。

 

でも、Aさんが「お茶しよう」と言ってくれていたこともあって、私たちは休日の昼間に繁華街のカフェで会うことにしました。

 

一番最初は、飲みに行ったり、ドライブに行ったり、二人っきりになるようなシチュエーションは避けた方が色々な意味で無難じゃないかなと私は思います。

 

同い年のAさんは、メールの文面通りの落ち着いた雰囲気の男性で、昔流行った曲などの話で盛り上がることができました。Aさんへの第一印象はかなりよかったです。
Aさんともっと話をしたいと思ったので、私の方から次に会う約束をお願いしました。

 

 

出会い応援サイトを利用した感想

彼氏の作り方

私が出会ったAさんは、同い年なのに落ち着いた雰囲気で頼れそうなところがとっても気に入りました。
今まで私の周りにはあまりいなかった男性のタイプかもしれません。

 

ただでさえ出会いがない毎日で、いろんなタイプの男性と知り合う機会が与えられる出会い応援サイトってすごいなというのが、出会い応援サイトを利用した正直な感想です。

 

「自分はこういう男性が好きだ」と思っているのは実は思いこみかもしれないとさえ思いました。自分の年齢や生活スタイルの変化などで、男性の好みも変わっていくのかもしれませんね。

 

今はネットで知り合うのもそんなに驚くようなことではありませんし、彼氏が欲しいけどなかなか出会いがなくて困っているという人は一度試してみるのもいいと思います。

 

 

安心して利用できる大手の出会い応援サイト

PCMAX(ピーシーマックス)


AさんとはPCMAXで出会いました。女性は無料(男性は有料)で利用できますし、24時間365日のメール・電話サポート体制で安心して利用できると思います。

彼氏の作り方 ※ 私はこれで彼氏ができました♪

 

 

YYC(ワイワイシー)



YYCはミクシィグループが運営しているということで、安心感がありますね。

 

YYCも女性は無料なので少し使っていたのですが、結婚を意識した真剣交際を望む男性が多い印象でした。

彼氏の作り方 ※ 私はこれで彼氏ができました♪

 

 

 

コメント

確かに彼氏がいる友達って積極的な子が多い。 よっぽどかわいくないと男子から告白とかされないし。
私みたいにあんまり可愛くない女は恋愛に前向きになって、どんどん出会いの場に出て行かないといけないんだろうな。
よし、がんばるぞっと。

2016/7/26 9:29 みほみほ

女性はこうあるべきみたいなことが書いてあるけど、そんなの全部きれいごとでしょ?
そりゃ、清潔で笑顔で積極的にすればいいのは分かってるけど、できないから困ってるんじゃん。
出会いがあっても彼氏はできないし、告白すらされない。
私も妥協しまくってさえない男子にかわいこぶりっこして、適当に彼氏作った方が良いのかねぇ。

2016/8/10 16:24 あこ